朝日広告社オフィシャルサイトへリンクリクルート2020

メニューを閉じる

メニューを開く

向根大介さんのメイン写真

現在の仕事内容を教えてください。

答えの開閉

向根大介さんの仕事風景

セールスプロモーション(SP)に関わる業務を行っています。SPは消費者を購買へとつなぐ直接的な部分であり、キャンペーンの構築や店頭ツールの開発といった販売促進から流通施策としてメーカーのサポートまで、その業務は多岐に渡ります。その中で私の業務として特に多いのがイベントの企画・実施です。商品をプロモーションする際にイベントやPRを仕掛けて、いわば起爆剤として世の中で話題化を狙う手法です。派手な物から地道なものまで、どの仕事も同じものは無くとても刺激的です。

あなたにとっての「Science」、「Creativity」とは何ですか?

答えの開閉

向根大介さんの仕事風景

イベントは参加者、体験、販売、拡散といった項目で、それぞれ数字が顕著に反映されます。また決まったテンプレートが無いのもイベントの難しいところ。たとえば目標達成までの導線は正しいか?事故やリスクは排除できたか?といった部分まで、綿密な計画が必要になってきます。それらがクリアされたからといって成功というわけではなく、そこに面白さや意外性、トレンドも加味したコンテンツ作りがなければ話題にはなりません。イベント制作は硬さと柔らかさのバランスであり、まさに「Science&Creativity」です。成功した時、消費者から直接的な熱量が届くのもイベントの醍醐味です。

どんな学生時代を過ごしていましたか。

答えの開閉

向根大介さんの写真

遊びやバイトに明け暮れていました。ミーハーな事が大好きで流行りのカルチャーやファッションを追っかける学生時代でした。ただそんな中にも人とのコミュニケーションは大切にしていて、先輩でも後輩でも仲良く付き合い、新しい人との繋がりに貪欲だったと思います。多くの人の考えや思いを知り、吸収していきながら自分も成長していく事を心がけていたと思います。社会に出ると社内はもちろん、クライアントや協力会社など多くの人と出会い、仕事をしていきます。ビジネスの中では、相手の立場に立って物事を考えられる事が重要です。振り返ると、今その経験が活かされているのかなと思います。

あなたが今後、業務で取り組みたいことを教えて下さい。

答えの開閉

向根大介さんの写真

日頃の小さな誠意の積み重ねでクライアントやパートナーとの信頼関係を築き、ビジネスの成功はもちろんのこと、自己成長につながるような仕事をしていきたいと思います。同時にヒトとモノを繋ぐプロモーションを作りながら、多くの人をアッ!と驚かせ、気持ちを動かしていけるような仕事をしていきたいと思います。

1日のスケジュール

10:30

出社

フレックスタイムを活用し、まずはメール処理します

11:00

社内会議

部内プロジェクトメンバーと進行状況の確認がメインです

向根大介さんの仕事風景

12:30

昼食

外出したりお弁当とケースバイケースです

13:30

クライアント先へ

クライアントとの定期商談や意見交換を行います

16:00

帰社 協力会社共有

商談内容を各社へ共有、タスク管理します(主にメールと電話)

電話をする向根大介さん

17:00

社内会議

別のプロジェクトも並行して、この時間は主に営業さんとが多いです

向根大介さんの仕事風景

18:00

企画や資料作成

落ち着いた時間に自分の作業を進めます

20:30

退社

進み具合により時間はバラバラですが

  • 向根大介さんの仕事風景
  • 電話をする向根大介さん
  • 向根大介さんの仕事風景

休日の過ごし方

キャンプの写真

旅行先の写真

ここ数年はキャンプが好きで仲間とワイワイ行ったり、一人でも行ったりしています。(写真)。会社の人と釣りも行きますし、山も挑戦したいと思っています。自転車も好きで都内を滑走しています。まとまった休みは旅行にも行きます(写真)。とアクティブ感満載ですが、とにかく休日はやりたいことを思いっきり、リフレッシュを心がけています。そうすると、また仕事にも精が出ます。

メッセージ

向根大介さんの写真

まだやりたい事がぼんやりしていたり、広告業がどういう仕事か分からない学生さんも多いと思います。ただ就職活動は多くの企業をフラットな目線で見られるチャンスでもありますので、実際に沢山の企業に足を運んで多くの共感を得られる一社を見つけてください。就職する事を目標としないでその会社に入ってから何をしたいかという事を考えながら就職活動に頑張って欲しいと思います。

エントリーはこちら