朝日広告社オフィシャルサイトへリンクリクルート2020

メニューを閉じる

メニューを開く

矢巻圭さんのメイン写真

現在の仕事内容を教えてください。

答えの開閉

矢巻圭さんの仕事風景

アプリを活用したプロモーションやサイトのアクセス解析などを担当しています。
「どんな人なら商品に興味を持ってくれそうか」「どのデータを使ってどのようにメッセージを届けたら良いか」などを考えてプランニングし、「インターネット広告からサイトに誘導してきたユーザーはアクションを起こしてくれているか」「より成果をあげるためにはどのように改善すれば良いか」といった効果検証を行います。最近では、クライアントが所有するデータ環境を整備して、分析や施策に活用するための土台づくりのサポートなどにも携わっています。

あなたにとっての「Science」、「Creativity」とは何ですか?

答えの開閉

矢巻圭さんお気に入りの写真

「Science=きっかけ」だと考えています。
散在する事象や知識を、集約して、並べて、分析して。そこから抽出した要素を提案に反映したり、アウトプットの裏付けに用いたりします。また、社内で完結するだけでなくクライアントにも分かりやすい形にして共有することで、合意形成に役立ち、話が次のステップに進むこともあります。
きっかけの幅を広げるために、「Carpe diem(今という時を大切に使え、この瞬間を楽しめ)」という言葉を座右の銘に、業務内、業務外ともに向上心と好奇心を忘れずにいたいなと思っています。

どんな学生時代を過ごしていましたか。

答えの開閉

矢巻圭さんの写真

大学では、地域コミュニティの活性化やデザインについて研究し、ファミレスと塾講師のアルバイトをしていました。高校までアニメゲームにどっぷりだった反動もあって、かなりアクティブな学生生活を送っていたように思います(笑)
広告業界を目指したのは、好きなアイドルグループを友人によく勧めていた経験からです。その人の性格や趣味をふまえておすすめポイントを変えることで、好きになってもらいやすいことを体感し、宣伝するって楽しいかも…?と感じるようになりました。

あなたが今後、業務で取り組みたいことを教えて下さい。

答えの開閉

矢巻圭さんの写真

最近は、仕事の「はじまり」部分にもっと携わってみたいと思うようになりました。
現在はサイトの改善提案など主に「手段」の業務を担当していますが、なぜこの広告を打つ必要があるのか、真に求められていることは何かなど、前段の「はじまり=目的」部分を意識することが大切だと気づくと同時に、自分には「目的」を捉える力がまだまだ足りないと痛感する場面が多々あります。
今のスキルを伸ばしつつも全体を俯瞰できる力を身につけ、仕事が動き出す瞬間を楽しみながら根本の課題解決のお手伝いができるようになりたいですね。

1日のスケジュール

9:30

出社

メール処理

10:00

部会

チームや部内で、業務進捗やトピックを共有

電話応対する矢巻圭さん

11:30

往訪

電話対応してからクライアントの定例会へ向かいます

矢巻圭さんの仕事風景

13:00

昼食

ピークを避けてランチへ

14:00

分析レポート作成

数字やグラフとにらめっこ!

提案書を制作中の矢巻圭さん

16:00

資料作成

大きい提案書をつくるときは、いつも紙に下書きしてます

矢巻圭さんの仕事風景

18:30

セミナー

以前上手く提案できなかったので改めて勉強へ…!

20:00

退社

同期と一緒に、気になっていた映画を観に行きます!

  • 電話応対する矢巻圭さん
  • 矢巻圭さんの仕事風景
  • 提案書を制作中の矢巻圭さん
  • 矢巻圭さんの仕事風景

休日の過ごし方

矢巻さんの休日

矢巻さんの休日

家の中で1日過ごすと、休日が終わってしまう現実にじわじわと押しつぶされそうになってしまうので、普段から無理に予定を作ってでも外に出るようにしています。また、社会人になってから海外に行ってみたい欲求が急に高まり、直近2年間で香港、ロサンゼルス、台湾、シンガポール、韓国に遊びに行きました。なにもかもが新鮮で、ただなんでもない道を歩いているだけでもテンションがおかしなことになっていました。昨年の2月には同期11人全員で金沢へ旅行し、朝5時までウインクキラーゲームで盛り上がったのも良い思い出です(笑)

メッセージ

矢巻圭さんの写真

就活生のとき「自分を見つめ直すのは、後にも先にも今しかないよ」と話してくれた方がいました。自分の強みはもちろん、弱みや自分が力を発揮できる条件などを知っておくことも社会に出てからは一つの武器になります。就活という人生の節目にじっくり自分と向き合うとともに、この機会を利用してたくさんの人と話して多種多様な考え方や価値観を取り込んでみてください。自らの経験談と絡めてアピールすればきっと道が拓けるはず!

エントリーはこちら