企業・メディア等の各種データを
統合・可視化して意思決定を加速させる
管理プラットフォームON AIR Analytics シリーズ

企業経営や各種の業務判断・意思決定に必要な様々なデータを自動集計し、次に進むための判断を一瞬で下せるソリューションを、朝日広告社はご提供いたします。

企業の各種マーケティングデータを
統合・可視化する
CMO・部門長向け
管理プラットフォーム
ON AIR Analytics

画像を拡大...

「ON AIR Analytics」の全体像

企業データの横断的な統合と、それによってもたらされる業務アクションのイメージ

「ON AIR Analytics」は、企業内で管理する売上やPOSデータ、来店客数などの各種データに、生活者のオンライン上の行動データやテレビCMのメタデータを連携することで、企業のマーケティング施策の効果をリアルタイムに統合・可視化し共有できる環境を構築します。
それにより、企業内のデータ作成業務の軽減と新たな課題の発見につなげ、マーケティング施策のPDCAの高速化及びROASの改善を実現します。

「ON AIR Analytics」の特長

  • 組織内共有
    データの一括管理・可視化・共有により作業軽減と社内の情報格差を是正

  • リアルタイム
    リアルタイムなデータ更新により、PDCA高速化を可能に

  • オン・オフ統合
    テレビCMを中心としたマス広告とデジタル、リアル流通の統合分析ができる

  • 拡張性
    社内・社外ネットワーク上のデータベースを自動連携可能に

テレビCMをはじめ、様々なオフライン広告を効果測定

複雑化するマーケティング環境の中で企業には、必要なビジネスデータを効果的に共有し、現場のPDCAサイクルや経営者、決裁者の意思決定のスピードを加速することが求められています。

「ON AIR Analytics」は、この課題を解決する革新的なプラットフォームです。
例えば、企業がマーケティング施策として実施するテレビCMの放映時間とオンライン上の検索数やSNSの反応数の統合分析による効果測定をはじめ、企業が持つPOSデータなども取り込むことで、売上に対するテレビCMの貢献度がリアルタイム*に測定・評価できます。
*最短60分ごとのデータ更新が可能です

また、新聞広告や交通広告なども掲載日を起点に測定・評価が可能となります。

散在する各種データをクラウド型管理プラットフォームに統合・可視化することで、企業内でリアルタイムに共有が図れ、従来は多くの時間を必要としていたキャンペーン後の効果測定作業が画期的に軽減されます。

このように、マーケターに必要な各種データを一元的に管理する環境を構築することで、将来にわたり企業の生産性と業績の向上に貢献いたします。

IoTデータもマーケティングに活用できる

今後デジタルの領域ではAPIの導入が加速し、業種を問わず様々なデータがオープン化されることが予測され、自社にとって有用なデータをいち早くマーケティングに活用することが重要となっていきます。

本プラットフォームは、将来的にAIスピーカーの普及や、2020年の商用サービス開始を目指す5GにおけるテレビCMのプランニング対応ツールとしても活用できます。

ダッシュボード管理画面イメージ

メニューに戻る

国内最大級の位置情報データを
基にした
流通・小売企業向け
管理プラットフォーム
ON AIR Analytics for リテール

流通・小売企業向け「ON AIR Analytics for リテール」の
サポート範囲

「ON AIR Analytics for リテール」は、位置情報データと企業が持つPOSデータ等に加え、折込チラシの配布エリアデータやテレビCMのログデータ、メタデータなどの各種マーケティングデータをリアルタイム に統合・可視化して分析が可能となります。
企業内に散在するビジネスデータの管理・分析方法に変革をもたらし、マーケティング施策の効果をリアルタイムに共有できる流通・小売企業向けの新たな管理プラットフォームです。

「ON AIR Analytics for リテール」の
特長

  • 国内最大級データ
    100以上のアプリと連携し国内最大級の月間2000万MAUの位置情報データを保有

  • リアル最短5分 単位タイム
    最短5分間隔で精度の高い位置情報データを取得
    ※状況により変動します

  • 顧客商圏自動捕捉
    常に最新の来店顧客データを自動収集することで、集客施策のエリア検証が可能

  • 簡単O2O連動
    店済顧客に対するリピート来店促進や、クーポン配布等O2O施策を簡単に実施

流通・小売企業様の折込チラシや
ポスティング、テレビCM、新聞広告
など様々なオフライン広告の
効果測定・分析結果が企業内で共有可能

複雑化するマーケティング環境において企業に求められるのは、必要なビジネスデータを効率的に共有し、現場のPDCAサイクルや経営者・決裁者の意思決定のスピードを加速することです。

「ON AIR Analytics for リテール」は、この課題を解決する革新的なプラットフォームです。

例えば、企業がマーケティング施策として実施する「折込チラシ」と来店客数や、来店顧客の居住エリアの統合分析による効果測定をはじめ、来店に対する「折込チラシ」の貢献度等を人手をかけずに迅速に測定・評価できます。

店舗に訪れた顧客に対する
リピート来店の促進や、
クーポン配布等O2Oの展開が可能

「ON AIR Analytics for リテール」は、大手メディア企業アプリ、乗換案内アプリ、カレンダーアプリなどの100以上のアプリからなる国内最大級の位置情報データプラットフォーム「プロファイルパスポート」から得られるデータを連携できます。

その連携データにより、自社店舗に訪れた顧客に対するリピート来店の促進や、クーポン配布施策等によるエリアマーケティングの活性化を支援します。

メニューに戻る

経営判断に必要な
ビジネス領域全般のデータを
統合・可視化し業務改善をサポート
統合データコンサルティングサービス

「統合データコンサルティングサービス」は、セールス・出荷・在庫など、マーケティング領域以外の企業データのビジネス活用ニーズに対応したサービスです。

「統合データコンサルティングサービス」は、ビジネスに求められる幅広いデータを統合・可視化し、経営判断の迅速化をサポートするサービス体制の構築と、ビジネス貢献につながるデータ活用ソリューションと業務改善支援から構成されています。

サービス提供にあたり、弊社は総合広告会社で初めて、米「Domo」社*が提供するソリューションである、「ビジネスコンサルタント」と「テクニカルコンサルタント」の認定を取得しました。

「ビジネスコンサルタント」は、実行可能なインサイトと有用なダッシュボード設計を推進する戦略アドバイザーであり、「テクニカルコンサルタント」はビジネス洞察にデータ能力を調和させるデータアーキテクトの認定資格です。

これにより、企業が抱えるビジネス課題を可視化する、統合的なデータ活用環境の構築を推進します。

ビジネスユーザーが日々データを見ながら意思決定をすることが当たり前になりつつある現在、AI、IoTなど新たなビジネス価値を高めるデータ取得手段が増えている状況にあります。

そうした状況にありながら、企業がデータを活用するプロセスにおいては迅速性や可視化など多くの問題点が未着手となっています。

当社は、こうした問題点を紐解きながら課題を設定し、ビジネス貢献につながるデータ活用方法のソリューションと業務改善の支援をワンストップで提供いたします。

*Domoのミッションは、ビジネスのためのオペレーティングシステム(OS)となることです。すべてのデータ、システム、人々をデジタルにつなげることで、モバイルからも協業や意思決定がスムーズに行え、ビジネスをより効率的に進めることができます。 Domo社は、小売、メディア・エンターテイメント、製造、金融など業種を問わず、世界中の成長企業(Fortune50の36%の企業)を含むグローバルで1500社を超えるお客様に活用され、ANA、JAL、日本経済新聞社など日系企業での活用も増加しています。

メニューに戻る